2013年3月7日木曜日

スーパーフードクッキー



うちの子供達は甘いものが大好き。(そしてパパも。。。)
私はどちらかというと塩気のあるものが好きなのですが、
お兄ちゃんも妹もチョコレートとか、クッキーとか
そういうものばかり。。。。

おまけに育ち盛りで食べる量も増えています。
私はファーストフードでも食べさせてしまうし、
外食で体に悪いものを食べるのは仕方がないと思うタイプです。

じゃないと食べる場所も食べるものもなくなってしまうし、
お財布にも私の精神的にもストレスになってしまうから。

でも、その分家で口に入れるものに関しては
できるだけ出所のわかった、健康的なものをと考えています。

おかしもクッキーなんて原料が3つくらいでできるはずなのに
大手メーカーの原料リストを見ると驚くほどいろんなものが入っていますよね。

ちゃんと製造されている市販のクッキーは、今度はお財布に厳しい。。。
クッキーなんて自分で簡単に作れてしまいます。

このスーパーフードクッキーは野菜嫌いなお兄ちゃんに
しっかりと栄養を取らせつつおやつになるものをと考えて
研究したクッキーです。(まだ完成系ではありませんが。。。)


粉のベースは
全粒粉、アーモンドプードル、フラックスシード、ヘンプシードです。


このレシピではバターも使わず、バターの代わりに
オーガニックのアップルソースを使用しています。

最後に子供たちが食べてくれるようにと
チョコチップを入れています。

お砂糖はブラウンシュガーです。

鉄分、ミネラル、繊維質、オメガ3が豊富に含まれたクッキーになりました〜!

食べた感じはやわらかくかりっとはしていません。
でも、こちらのクッキーはChewyなものが多いので
その辺は子供達は気にならないようです。

精製された小麦粉、白砂糖ばかり摂取していると、味もそれに慣れてしまい、
ある程度大きくなってから、全粒粉や玄米を食べさせても、
おいしくないといって食べないようです。

食べつかせるのには、少量でも日々の食生活に取り入れておくと
食べ慣れていくような気がします。

これは健康的なクッキーで、万人うけするクッキーではありません(笑)。
でも子供達だけでなく、ダイエット中や、健康に気をつけている人が
罪の意識が少なく食べられるクッキーです(笑)。


スーパーフードクッキー 小さめクッキー25枚程度

材料
4オンス(約110cc)のオーガニックアップルソース
(プリンカップのようなカップに入って販売しているアップルソース1つ)
3/4カップ ブラウンシュガー
1ティースプーン バニラエッセンス
Lサイズオーガニック卵

1/2ティースプーン ベーキングソーダ(重曹)
1カップカップ全粒粉
1カップ フラックスシードミール(粉砕されて粉になっているもの)
1/4カップ ヘンプシード
シナモン少々
1カップ弱のチョコレートチップ


オーブンを350度(摂氏180)で予熱。

1 ボールに砂糖、アップルソースを滑らかになるまでまぜ、そのあと卵、バニラエッセンスをいれて
さらに混ぜる

2 別に小さいボールに粉、ミール、シード、ベーキングソーダ、シナモンをいれ泡立て器などでよく混ぜる。

3 砂糖や卵のミックスのボールに、2を入れて粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

4 チョコレートを入れて混ぜる。

5 3センチくらいのボールにして、ベーキングシート(私はその上にシリコンマットをのせていますが、なければパーチメントペーパー)
の上に並べ(少々広がるので3センチくらい離す)、上からそっとおし広げる。

6 中段で約15分くらい焼く。底がちょっとこんがりする程度。

7 あら熱を取ってさます。









ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけるとうれしいです!
海外永住 ブログランキングへ